ちんまりした温かい葬儀|葬儀を執り行う時の注意点|業者選びは慎重に行なったほうがいい
男女

葬儀を執り行う時の注意点|業者選びは慎重に行なったほうがいい

ちんまりした温かい葬儀

葬儀

葬儀費用

昨今八尾市でも高齢者の死が増えているせいか、家族葬を行う家がふえています。自宅に死者を安置するので、家族は火葬の日までゆっくりお別れができます。他人がはいらないので、気を遣わずに済みます。家族葬という言葉のイメージからすると、近親者だけが集まって死者を送る葬儀です。しかし、近親者の人数によってもかわります。誰に知らせるか、生前から決めておくといいでしょう。参列者5名程度の火葬のみプランが最もシンプルです。こうしたお金をかけない家族葬も八尾市では増えています。自宅に祭壇をつくらず、お棺お位牌骨壺枕飾り一式スタッフ1名が最低ラインですが、そのほかに、火葬費用、遺影写真代、お花代、火葬までの日数分のドライアイス代、火葬場までの搬送費用などが別途必要になります。

葬儀のほかにも

最近はこうした葬儀費用の見積もり相談が簡単にできます。どんな葬儀にしたいか、何にお金がかけたいかで料金が変わることを考えておきましょう。八尾市でも、市営の斎場もあるので、そこで通夜や葬儀を行うことも可能で料金も割安です。ただ人数が増えると、移動のバス代、休憩室料金など別途考える必要があります。家族葬による葬儀であっても、宗派によっては、別の料金が発生します。例えば仏式の場合は枕経をしてもらうため坊さんにお布施が必要です。宗派を問わない霊園に納骨する場合は必要ないですが戒名をつけてもらう場合にもお布施が必要です。墓の手配も必要です。子供がないなどの理由から墓を持たない人のために八尾市のお寺でも永代供養をするケースも増えています。