お坊さんを葬儀に呼ぶ|葬儀を執り行う時の注意点|業者選びは慎重に行なったほうがいい
男女

葬儀を執り行う時の注意点|業者選びは慎重に行なったほうがいい

お坊さんを葬儀に呼ぶ

ろうそく

わからないことは葬儀社に

仏式の葬式を営む人が多いですが、喪主や葬家の人が頭を悩ませるのが、葬式に来てくれたお坊さんにお布施をいくら包めばよいのかという問題です。お布施は、読経や戒名をいただいたことに対する感謝の気持ちを示すために贈る金銭です。手数料のようなものではなくお供え的な意味を持つお金ですので、お布施に定価のようなものはありません。お坊さんに直接尋ねてみても「お気持ちで結構です」という儀礼的な回答が返ってくるケースが多いため、困ってしまう人が多いです。そういう時は、葬式を依頼した葬儀社のスタッフに聞いてみるのが一番です。葬儀社のスタッフは葬式のプロですから、その地域のお布施の相場額のようなものを把握しています。また、葬儀社のスタッフを介すれば、お坊さんから「これくらい包んでいただけるとありがたい」というストレートな回答を引き出せる可能性が高くなります。お坊さんに対する礼を失することなく無難な額のお布施をお渡ししたいと考えているのならば、葬儀社のスタッフに相談するのが望ましいです。

僧侶派遣サービス

昔は誰もが檀那寺を持っていましたが、檀家制度が崩壊してしまった今、葬式を出したくても来てもらえるお坊さんの当てが全くないという人が増えました。普段全然付き合いのないお寺に突然行って、葬式の時だけお経をあげに来てほしいと頼んだとしても、丁重に断られてしまうのがオチです。しかし、お経をあげてくれるお坊さんがいなくては仏式の葬儀として成り立たなくなってしまいます。どこのお寺の檀家にもなっていない人が全国的に増加しているため、僧侶派遣サービスを提供する葬儀社が多くなってきました。葬儀社の僧侶派遣サービスを利用すれば、希望する宗派の僧侶をすぐに手配してもらうことができます。また、お布施の価格表が用意されていますので、お布施をいくら包めばよいかで頭を悩ませる必要がなくなります。とても便利なサービスであるため、多くの人が利用しています。